ボディケア 悩み解決 | Direis

新陳代謝

 

 

ゴールデンウイークに、海外などに旅行に行ったり、帰省したりして、遊びほうけ、色々美味しいものをいっぱい食べ、楽しんだ人も多いと思います。

でも、終わった途端に現実の生活が待っていますね!

連休中に、チョット食べ過ぎて太ったと感じる人も多いでしょう。

若い頃はいくら食べても太らなかったのに、自分の腹を見て幻滅する人も多いんじゃないですか?

夏までに、何とかしなくちゃ、そろそろ始めなくては間に合わない、慌ててジムに申し込む人も、この時期多いでしょう。

そう言えば、この前、電車にスポーツジムのポスターが貼ってあるのを見ましたね!

では、どうして年を取ると太りやすくなるんでしょうか?

一般に、年とともに新陳代謝が悪くなるということは、何となく分かっているとは思います。

もちろん、新陳代謝が悪くなると、様々な悪影響を及ぼしてきます。

しかし、ダイエット等を効果的に行っていく為には、ただ、ジョギングするとか、ジムに通うとか、それも必要とは思いますが、ある程度知識を持った上で計画的に行っていくことが必要と思います。そうでなければ、一時的に痩せてもすぐリバウンドしてしまうということになってしまうかも知れません。

代謝には、新陳代謝の他に、基礎代謝、水分代謝、脂肪代謝などさまざまな代謝があります。

この中で、ダイエットにおいて一番重要なのは、実は基礎代謝になります。

基礎代謝とは、生命活動で消費される最低限のエネルギーのこと。

人間は呼吸や体温維持、臓器の働きなど、なにもしないでじっとしているだけでもエネルギーが消費されます。

体の中で一番エネルギーを消費するのが筋肉です。基礎代謝量は年齢とともに低下していきますが、筋肉量が多い方はそれだけ基礎代謝量も多くなり、 筋肉をつけることはとても重要になります。

基礎代謝は、年齢とともに低下していき、男性は18歳くらい、女性は15歳くらいをピークに下がり始め、余ったエネルギーが少しずつ脂肪となって蓄積。そのため、年をとると太りやすくなるという理由です。

新陳代謝を上げる方法

1、筋肉を増やす

筋肉を増えると、基礎代謝量が上がり血流も促進されるのでおのずとエネルギーが多く消費され、痩せやすくなり、肌の調子もよくなります。

2、体温を上げる

筋力がアップすると体温もあがり血行もよくなります。

3、朝食をしっかり摂る

朝食を摂ることで、眠っている間に下がってしまった体温を上げ、基礎代謝を上げます。

4、サプリメント

脂肪の燃焼を助けるのにマグネシウムなどがありますが、食事ではなかなかバランスよく摂れないことも多いので、適度にサプリメントでおぎなうのは良いでしょう。

5、体内に水分をしっかり保つ

水分をしっかり摂取することで新陳代謝が活発になり、老廃物を出す力が高まるので、一日最低一リットルは水分を摂取するようにしましょう。

新陳代謝を高め、脂肪燃焼効果をアップさせてくれる食物!

1、唐辛子(カイエンペッパー)

唐辛子は、体の代謝を高め、ダイエットの強い味方になってくれる魅力的な食べ物。
唐辛子を食べると、身体の中から熱くなってきて、唐辛子やハバネロなどのスパイスを食べた後、約3時間は代謝を高め続けると言われています。
なので、運動前に唐辛子のたっぷり入った食物を摂ると、脂肪燃焼効果がアップします。

2、魚

鮭、いわしなどの魚には、『オメガ3』と言われる必須脂肪酸の一種が多く含まれています。
この脂肪酸は代謝のスピードを上げ、心臓を健康にしてくれるという嬉しい効果を持っている脂肪酸です。

私たち人間の体は、レプチンというホルモンを動かし代謝を行い、レプチンの量が少なくなると代謝の働きがより早くなるという性質を持っています。
そこで、オメガ3脂肪酸を摂ることによって、レプチンの量を低く抑え、カロリーを消費し、新陳代謝を高める効果を発揮します。
また、魚には良質なタンパク質が多く含まれていますが、このタンパク質も代謝を高めるのに効果的な物質です。

3、タンパク質 、

赤身の肉、豆類、卵、ピーナッツバターのようなタンパク質の豊富な食べ物も、新陳代謝を高めてくれる。
ただし、ピーナッツバターはカロリーも相当高いので、代謝が高くなったとしても効果が出にくい。しかし、ナッツバターにはタンパク質の他、不飽和脂肪酸や抗酸化物質も豊富に含まれているので、適度なら良い。

ダイエットを意識するのであれば、できるだけカロリーのバランスを考え、良質なタンパク質を取るようにしましょう。

4、全粒穀物

オートミールなど全粒穀物も、代謝を高めるのに適した食物。
全粒穀物には、エネルギーと炭水化物が含まれていますが、これは私たちの体や脳の機能を保つのにとても大切な物質です。
全粒穀物は、血流中のインスリンを調整し、代謝を高めてくれる効果があり、全粒粉のパスタや、玄米などを選んで食べのも良い。
また、全粒粉や玄米などは食物繊維が豊富なのも良い。

イソフラボン



7月に入り、もうすぐ、夏真っ盛り。

日焼けは少し怖いけど、プールやビーチで、引き締まったウエストに、Dカップのバスト。ビキニの水着を着てさっそうと歩く。

皆の視線の的になりますね!

でも、バストが小さく、寸胴体型。今年も体型カバー 水着なんて考えていませんか?

第3次豆乳ブームの到来か?と呼ばれるほど豆乳の売り上げが伸びている。「健康に良い」「美肌効果がある」などと人気の豆乳。10年ほど前から改良が進み、飲みやすくなった。豆乳を使った料理のレシピをメーカー各社がホームページ(HP)で公表しているほか、レシピ本も人気を呼んでいる。(産経新聞より)

日本豆乳協会(千代田区)によると、豆乳の第1次ブームは発売が始まった約30年前。「畑のお肉」と呼ばれ栄養価の高さが注目された。しかし、独特の臭いが不評で定着しなかった。

その後、10年ほど前から豆乳を絞る際の改良が進み飲みやすくなったことや、大豆に含まれる「イソフラボン」が女性ホルモンに似た働きを持つことが注目され、右肩上がりで消費が伸びた。

平成17年のピーク(第2次ブーム)を境に下降傾向にあったが、昨年は過去最高だった豆乳生産量21万7千トン(17年)を上回る勢いで生産された。東日本大震災の影響で一時牛乳が品薄になり、牛乳代わりに飲んだ人が増えたことも一因とみられる。

との事。

イソフラボンの効果

1)イソフラボンと更年期障害

のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはおおいに有効です。

2)イソフラボンと骨

牛乳などでカルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中のカルシウムはどんどん溶け出していってしまいます。イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ちます。 イソフラボンと骨粗鬆症 骨粗鬆症は閉経後の女性に多い病気ですが、閉経後に起こりやすくなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの不足によります。エストロゲンは、骨から溶け出すカルシウム量を抑えて骨を保護する役目をしています。 イソフラボンは、その女性ホルモンの激減を緩和します。

3)イソフラボンとガン

イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きますので、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。 乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても、イソフラボンは効果的に働くと考えられています。 また、イソフラボンにはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども報告されていますので、乳がんや前立腺がん以外にも、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に対する有効性が期待されています。 イソフラボンと動脈硬化 血液中のコレステロール、特に「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの増加が動脈硬化を促します。一方、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールは悪玉を減らす作用があるのですが、イソフラボンは悪玉を減らすうえに善玉を増やすという実験結果を出しています。

4)イソフラボンと美容

イソフラボンは女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあり、美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。ほかにも豊胸効果バストアップ生理不順の改善など、女性にうれしい作用があります。

5)イソフラボンの副作用

イソフラボンは実際のホルモンとは違い、弱い働きをする女性様ホルモンです。自然に存在する成分であり薬ではないため、副作用の心配はないと言われています。更年期障害の治療法として女性ホルモンであるエストロゲンを投与する方法がありますが、イソフラボンはエストロゲンに比べると効果は落ちるが副作用がないのが利点だという発表もあります。

しかし、2006年の5月に、食品安全委員会によって、大豆イソフラボンの摂取量の上限についての評価案が出されました。 大豆イソフラボンの1日の摂取量の目安の上限としては、70mg ~ 75mg とのことです。 そのうち、イソフラボンを特定保険用食品やサプリメントなどで摂取する場合は、1日あたり 30mg までが上限といわれています。

何事も続けることが大事です。理想のあなたを思い浮かべ、良い行動を習慣化させていきましょう。

⇒「簡単・適当・お気軽に」進化食でダイエット!3食食べ、ビールも飲み、ストレスを溜めず、41歳が3カ月で体脂肪8%になった方法!常識を覆すハマーダイエット!


だぶついた体を引き締め

昨年からの「宴会」「忘年会」、そして、正月はゴロゴロし、餅や数の子やおせちを食べ、年が明ければ、「新年会」と、何かと飲み食いする機会が多く、太ってしまった人は多いのではないでしょうか?

年が明けて何となく過ぎてしまい、そろそろ身も心も引き締めていかなければいけませんね!

痩せる
決意をして、いきなりスポーツジムやウオーキング等をしようと思っても、普段やってない人はすぐ挫折してしまいますね!

まずは身近な事から始めましょう。

1、食事の管理。

まず、食材や調味料などの成分(栄養やカロリー)を考える。
間食しないように、カロリー計算しながら3食しっかり食べること。
油分や糖分はできるだけ遠ざけ、スナック菓子や甘いものなど間食はしない。

食べる時は、食べ物を良く噛むこと。
良く噛むことで満腹中枢が刺激され、いつもの量より少なめでも食事に満足することができます。

ビールや日本酒は出来るだけ減らし、焼酎やウイスキー、ワイン、ブランディ等の割合を多くした方がいいと思います。ネット検索でそれぞれのカロリーを調べてみればいいと思います。
私事ですが、以前は、ビールにピーナッツなんかを食べていましたが、痩せる事を意識してから、ビールの代わりにホッピーやプーアール茶の焼酎割り、つまみは、枝豆や豆腐などカロリーの少ないものを多くしました。

2、適度な運動

食事制限をすれば、体重が落ちますが、体脂肪率はなかなか落ちません。
体脂肪率=体脂肪÷体重ですから、体重を落とさないようにして、有酸素運動で脂肪を燃やさないと体脂肪率は落ちません。
室内でできる有酸素運動で減量効果が高く、お勧めなのは踏み台昇降です。
踏み台昇降はウォーキングの2倍の消費カロリーとの事でいつでも場所を取らず出来ます。
1回15分、1日2回。1回30分でもかまいません。
これで、ウォーキング1時間分と同じカロリーが消費できるそうです。

Direis TOP » ボディケア 悩み解決