生活の悩み解決 | Direis

盂蘭盆会

8月は、お盆がありますね!

お盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。故人や先祖の霊が、一年に一度家に帰って来るといわれており、その霊を迎え供養する期間です。

東京では7月13日から7月16日、その他の地方では8月13日から8月16日に行われ、8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆といいます。お盆の前日には、故人や先祖の霊を迎える準備をします。

精霊棚(しょうりょうだな)(盆棚)か仏壇に、精進料理を供えた霊供膳(仏膳)や、季節の物を供えてお盆のしつらえをします。13日の夕方に、家の前で焙烙(ほうろく)という素焼きの皿の上でおがら(麻がらのこと)を焚いて、「迎え火」として故人や先祖の霊を迎えます。

墓参りをしたあと、墓地で盆提灯に明かりを灯し、霊を自宅まで導いて帰ってくるという風習を行う地域もあります。
この時期に、菩提寺の住職が檀家を回ってお経をあげる、棚経(たなぎょう)を行う地域もあります。

浄土真宗では、迎え火で霊をお迎えする慣わしはありませんが、お盆の間は盆提灯を飾って、仏さまと先祖に報恩感謝をささげます

16日には再び火を焚いて「送り火」として送り出します。京都の有名な大文字焼きも送り火のひとつです。
実際に火を焚くのがむずかしい場合は、盆提灯を飾って迎え火、送り火とします。盆提灯はその家に霊が滞在しているしるしとされています。

お盆に、帰省する人は多いです。

日々、仕事に追われ、住宅ローンも後少し。

懐かしい実家に帰ってきて、でも、なんとなくもう落ち着かないかな?

普段は考える事を避けてきたのだけれど、実家で過ごしていると、ふと、不安がよぎってきます。

将来この家はどうなるんだろう?墓はどうするの?

確実に来る現実を直視していかなければいけません。

自分の家はもう別にあるし、もし、この家を相続したら?

将来その家に住むのらな問題ないのですが、住まない実家を相続すると、かえって損する事もあるのです。

もし、相続した家に住むという事であれば、「小規模宅地の評価減」という制度が適用され、土地の評価額が8割減となり相続税も軽減されるのですが、住まないのであれば、この制度は適応されません。

また、空家が増えすぎている対策として、平成27年度改正で、これまでは、建物が建っていればすべて、固定資産税が6分の1になったのですが、特定の空家については、その特例からはずされます。

そして、今までの、建物を壊すと土地の固定資産税が上がるという制度を廃止し、逆に、建物を取り壊すと固定資産税が減少する制度になりました。

その他、庭の木や草がぼうぼうになったり、場合によっては、市などに苦情が寄せられるかも知れません。解体するといっても、その費用もバカになりません。

もしも、住まない家を売却するとしたら、3年以内がおすすめです。なぜなら、住まなくなってから3年目の年末まで売れば、居住用の特例により、譲渡益3000万まで課税されないからです。

他にも、相続による、様々な問題が考えられます。

相続対策は、親が生きているうちにやっておく方がいいのです。

 

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。

仕事帰りに、友人や恋人と一緒に、イルミネーションスポットで過ごす人も多いでしょう?

各業者、お店の方にとっては、クリスマス商戦に大忙し。サンタコスプレの格好をした人がバイクなどに乗っているのをよく見ますね!25日の夕方頃になると、クリスマスケーキ等の叩き売り。お子さんのクリスマスプレゼントはもう買いましたか?

日本では、毎年、聖夜クリスマスの準備に追われ、それが終わるや否や、今度は、年末から年が明けて、お正月へと、あわただしく過ぎていく人が多いように思います。

しかし、クリスマスの真の意味を理解している人は、どれだけいるでしょうか?

本来、クリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝う行事です。

ヨセフとマリアが厩に宿を取ったのが24日。そして、25日の朝には産まれていたのですから、誕生日は25日になりますが、それは早朝の出来事です。

クリスマス・イブはいまではクリスマスの前夜祭とされていますが、当時の1日の数え方はいまでいう前日の日没から当日の日没までです。クリスマスの一日は24日の夜から25日の昼間となるわけです。

従って24日の日没と同時に25日になるわけで、いまでいうクリスマス・イブはクリスマス当日の始まりなのです。

そして、クリスマス到来を祝ってキリスト教信者は教会に行き、また、家庭でパーティーなど催してお祝いし、楽しみながら迎えよう!というのが本来のクリスマスイブの役割です。

つまり、イブは本番のクリスマスを迎えるための前夜祭で、24日の日中に騒ぐようなものではありません。あくまで夜から日付けの変わるころまで、神聖なクリスマスの日のおとづれを待ち祝うというのが本来の精神です。

ところが、「本来の精神」は日本では理解している人は少なく、もともとクリスチャンでもない人がお祭りだけまねているようなケースが多いように思われます。

それは、クリスマスというだけでなく、お正月でも何でもそうかも知れません。

自分自身の信念をしっかり持っていないと、来年も、ただ流されるままになってしまうかも知れませんね!

クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日である。

「神の子が人となって生まれて来た事」を祝うことが本質である。12月25日がこれに当たるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。

キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。

マリアとヨセフの子供イエスは、宗教の創始者であり、多くの人々に神の子として知られている。死後2000年たった今日まで、イエスはいつどこで生まれたのか、人を愛することがあったのか、十字架刑は自分で決めたのか、イエスの生誕や人生、そして十字架刑の事実等、いまだ謎に包まれている。

タロットカードの起源もあまりにも濃い霧につつまれており、神秘のオーロラの中にある。特に大アルカナにおいては、神話や伝説が多く育っている。

タロットの隠れた知識が、ジプシーの人たちによって、カルデアやエジプトからイスラエルを通り、ギリシャへ持ち込まれた持ち込まれたという説がある。ジプシー達は、タロットカードが地中海沿岸周辺で使われ始めたとほぼ同時に、ヨーロッパを歩き回っていたことからも、タロットと世界中を放浪しているジプシー達の間に、何らかの関連がある事に異論の余地はなさそうだ。

最も魅力的な伝説の一つに、次のようなものがある。エジプトで生まれたタロットは、フェスの都市(現在のモロッコにある)が世界の知性の首都になり、そこに、あちこちから、賢者達が旅してきたのだが、しかし、彼らは色々な言葉で話していたので、共通の言語が必要となり、コミュニケーションの方法として、不思議な象徴に満ちた絵本を作成した。それらの記号の意味を解く鍵は、伝授者から伝授者へと口伝えされたが、そのメッセージの秘密性を保つために、象徴は、後に、その本当の意味を解読されそうにない、一見何の変哲も無いカードに再生されたということである。

また、他の説では、タロットの発明を、エジプトの神たちの代書人、トートによるものとしている。確かに、多くのタロットの象徴は、明らかにエジプト神話に由来している。

そして、タロットは、古代ヘブライにあったカバラとの密接な関係を明らかにしている。つまり、タロットを発明した人が、古代の宗教や哲学を知っていて、それらの多くの象徴をカードに取り入れた事に疑いはないという事だ。

さらに、、タロットを[キリストの生涯]の物語として捉える、と言う解釈がある。確かに、タロットカードには、キリスト教の教えに由来する様々な象徴が描かれている。タロットが中世ヨーロッパ出身だと言う事を考えるとその影響を無視するわけにはいかないし、タロットと縁が深いとされるエジプトは、キリスト教にとっても縁の深い土地である。

例えば、12番の『吊られた男』であるが、キリストは十字架で磔にされたので、この人物自体がキリストと見ることができる。「同じ死に方では師に失礼なので逆さに磔になりたい」と言ったという聖ペトロと言う説もある。

そして、次の13番は『死』なのでら、当然有名なゴルゴダの丘での磔刑となる。


また、20番の『審判』のカードだが、これはキリスト教における、最大の約束とされる、最後の審判における蘇りの図を表現しているのは明らかだ。

秋深し

11月になり、日々、涼しさが増していき、秋が深まっていくのが感じられる季節です。

秋といえば、収穫期ですね!

今年の初め、考えていた事はどれだけ実効できましたか?ダイエットはできましたか?未完成になっている事はありませんか?

秋はまた、今までの人生、今年一年を振り返り、感傷に浸り、また、見つめ直す時期でもありますね!

もう一度、計画の修正をしてみましょう。

11月の行事で思い浮かぶのは、まず、七五三があります。それから、勤労感謝の日、文化の日などがあります。また、スポーツの秋。読者の秋、ですね。

七五三は算命学や陰陽五行を起源とし、道教の影響を受けているといわれています。

七五三の三は、天地人三歳を発端にしています。
天地人三歳とは、天歳、地歳、人歳の総称。
天歳は、手を使い、足で歩き、目で見、口で食し、耳で聞き、鼻で嗅ぎ、頭で考える、といった、人としての生まれながらの基本的な才能のこと。
地歳は、手を使って食べ物を口に入れたり、足を使って目的の場所に移動したり、目で見たものから距離感を計ったりといった、天歳を利用する才能のこと。
人歳は地歳を用いる際に価値判断を行う才能のことです。
手を使って食べ物を食べようとする前に、食べすぎだったり腐ったものだと体を壊すから注意するとか、目的の場所に移動する際に車や危険な障害がないようにどのように安全なルートで到達するかとか最適な判断をするための能力。

これら天地人三歳を3年と解釈します。
人は生まれてから一年目で天歳が備わり、二年目に地歳が備わり、三年目で人歳が備わり、満三歳で人としての人格が備わるため、三つ子の魂百までといわれる所以です。

七五三の五は、5歳になった男の子のお祝いの行事です。
木星、火星、土星、金星、水星の自然界の五元素・五行が、誕生してから一年毎に備わり、5年で全てが備わるということで、5歳のお祝いとなります。

七五三の七は、7歳になった女の子のお祝いの行事です。
五行に月と太陽の気が備わり、7歳のお祝いとなります。

また、お祝い行事の三・陰、五・陽、七・陰に合わせ、女、男、女の順に行われ、普通なら、子供であれば皆七五三のお祝いとなるのですが、陰陽の原理が生きているとみれます。

先程、陰陽五行説という言葉が出てきましたが、これは、4千年以上の歴史を持つ自然界の法則で、この世の万象を、木・火・土・金・水の五つの要素に分け、その関係を整理したものです。

四柱推命などもそうですが、東洋占いはだいたいこの法則を基にしています。

その中に、「九星学」というのがありますが、これは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの運命星と五行の関係で占っていきます。

異性が惹かれずはいられないあなたの魅力。恋するときのあなたの強み、弱み。あなたの恋の運命が変わるとき。異性があなたに好意を持つきっかけ。好きな人に好かれる秘訣。相性の良し悪しや相性を良くする方法。宿命の人との出会いや特徴。結婚に最適な年など・・・、

中々ご自分では知ることが難しかったり、気づくことができない、恋や結婚での、あなたの資質や可能性、重要な運命のタイミングを占うのに、この東洋哲学を元にした「九星学」という占術は向いています。

この九星の中の五行の関係が順調であれば、相性や運勢の流れがよく、悪ければ傷つけあうことになります。

ですから、この五行の関係をよく調べて、運勢の流れをスムーズにすれば、運は開けてくるのです。

また、その流れを変える、仲介役の役目をする関係もあります、

例えば、火と金の関係はよくないのですが、中に土が入れば、中和され、運勢も変わってきます。

タイミングを見る、とは、このような五行の関係や変化を的確に把握し、その変化に忠実に従っていくことなのです。

それには、まず、あなたの性質や傾向を知るところから始めなければなりません。

そして、好きな人とかとの相性も調べなければなりません。

あの人とは、相性がいいとか、悪いとか、よく聞きますよね!

九星学で、相性とは、五行の流れや関係性を意味しています。

「九星学」は、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの運命星と五行の関係で占っていきます。

九つの運命星はおおざっぱに言って、以下のような性質なあります。

一白水星(水を基調にした性質)ー協調性があるしっかりもの。

二黒土星(土を基調にした性質)ー慎重で温和だが力強さがある。

三碧木星(木を基調にした性質)ーのびのびした行動性がある。

四緑木星(木を基調にした性質)ー穏やかで知的、和を大切にする。

五黄土星(土を基調にした性質)ー正義感が強く、義理人情を重んじる。

六白金星(金を基調にした性質)ー粘り強く、冷静さと情熱さを合わせ持つ。

七白金星(金を基調にした性質)ー陽気で頭の回転が速く華やか。

八白土星(土を基調にした性質)ー慎重派で非社交的。粘り強い努力家。

九紫火星(火を基調にした性質)ー情熱的で理想主義者。気まぐれな点も。

しかし、これは一般的な解釈で、ケースごとにそれぞれ、解釈するにあたって、言葉の選び方がすこしづつ変わってきます。

また、運命星は九年で一巡する本命星と、九か月で一巡する月命星の二つがあり、この二つの運命星から、人は性格づけられており、組合せにより、全部で81通りのパターンの性格や運勢があります。

九星の中の五行の関係により、運命星の間には、必ず「相生」「相剋」「比和」の関係が生じます。

●相生の関係?助け合う関係?

・木生火—木は燃えて火になる
・火生土—火は消えて土になる
・土生金—土は内部で金をつくる
・金生水—金は冷えて水滴をつくる
・水生木—水は木を育てる

●相剋の関係—相手を傷つけてしまう関係

・木剋土—木は土を割って伸びる
・火剋金—火は金属を溶かす
・土剋水—土は水を呑み込む
・金剋木ーーー金は木を傷つける
・水剋火ーーー水は火を消す

●比和の関係?兄弟の関係

木と木、水と水、金と金、土と土、火と火のような関係を比和といい、じゃますることもないが、成長を助ける働きもしない、と見ます。

※以上の関係から総合的に判断して、性格、性質、相性などを調べていきます。

もしも、好きな人とうまくいっていないのなら、一度確認したほうが良いかもしれません。

⇒ あなたの恋愛鑑定書

でも、もしもたとえ悪い相性であっても、関係が良くなるための努力をすることで、絆を深めること、幸せになることは可能です。

相性というのは、努力次第で、凶相性も吉相性にどんどん変わっていくものです。

良い相性であれば、良い部分をさらに伸ばす努力をすることで、好きな人との絆はさらに深まります。

⇒ あなたの恋愛鑑定書

秋が深くなり、スポーツに励んでもいいし、美術館・博物館巡りなんかもいいと思います。読書もいいですね!ズルズルと惰性的にならない為にも少し考えてみましょう。

年末になると忙しくなるので!

Direis TOP » 生活の悩み解決